スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィシングウェアのブランド

こんにちはfishingunutsです。

GWも終わりですね。前半の天気が良くなかったですが皆さんいい釣りできましたか?
僕のほうはいい日もあったし、良くない日もあったりで、まあまあワイワイやってきました。

nagoyakou20110504_0403brog.jpg

やっぱり今は海が面白いってことでベイエリアでシーバスです。


さてさて。

夏のウェアについて書いていこうと思っていましたがどんな風に書いていったら良いのか悩んでました。
ブランドにするか機能にするか、はたまた値段か?
そもそもゴマンと在るブランドと機能のすべてについて知り尽くしているわけではないのでどうしたらいいのかなと?
基本的にお小遣いというかなり制限された予算内での話で、時にはカッコで選ぶし時には値段で選んでいます。
例えば僕がA社のシャツについて「良いよ」と書いても「B社と較べるとどうなの?」「じゃあC社は?」ってやってるとキリがありません。
時々「○○サイコー!」って言ってる方見えますが

「ホントに全部較べた上で一番って言ってる?」

って突っ込みたくなります。

少し生意気言いましたが・・・

ただし、このブログは所詮ただの釣りバカの自己満足ウンチクなんでのそういう突っ込みはご遠慮願います。w
それでもとりあえずブランド選びの基準からお話していかないと話が始まらないような気がするので、本日は僕のウェアブランドの選択基準とお買い物先についてのお話です。



プラネット・グリーンeストア(ザ・ノース・フェイス)

でわでわ。

まずは僕がよくお買い物するブランドから

patagonia
the north face
mont-bell
columbia
fox fire

この他にもいろいろなブランドのウェアは持っていますが最近よく使うのはこの辺りです。


では沢山のブランドからなぜこのブランドを選んでいるのかというと

・patagonia
カッコ付けw 
いや。モチロン機能も充実してますが、まずはここのブランド選ぶ理由はこれでしょう。
やっぱりアウトドアブランドでも機能以前にハヤリってはあると思うのですが、僕が思うイマドキのフィッシングアウトドアブランドはパタゴニアとシムスだと思っています。
ただシムスについては機能やブランドがどうのこうの前にディーラーがなんか好きになれないんですよね。
ここのディーラーが取り扱ってるリールやラインは使ってはいますが、一般にアフターサービスもいいようですし、悪いことも聞かないし、特に理由もないのですがただただ個人的に好きになれないだけです。

強いて言えば長いこと小売の仕事をしてたんですが匂いですかね?(理由になってません。)

話は戻って。
patagoniaについてですがさすがにハヤリといえど作り、機能はちゃんとしています。価格も高いだけありますが、最近は釣り用のウェアも充実してきているのでより選択肢は増えてます。
後にも書きますが日本規格の製品がないようなのでサイズは大きめになりますが、本国仕様をそのまま持ってきてるだけのブランドとはシルエットが違いダボッとしていないのも好感が持てます。
機能だけに高いお金を払うつもりは無いのでシルエットは大事です。ピチピチは痛いですがイマドキはタイト目のウェアであることは必須です。
なのでブランドタグだけがハヤリと言うのではなく、山ガール、川ガールじゃないですがシルエット含めてのおしゃれ度(といっても本体は所詮汚い釣りバカですが)って言うんですかね?
特に道中の休憩や食事で一般の方に紛れたり、帰りに街にお買い物に行っても許されるウェアだと思っています。
(訳解らんですか?)

でもそういうのって大事だと僕の中では思っています。
でなきゃ正直言ってミドルウェアなんてジャージで全部済んじゃいますから。

ここはウェブショップで使うことが多いです。
カスタマーサービスは返品交換、質問の対応含めてとても親切です。


ところで、ファッション誌で取り上げられていることの多いブランドでARC'TERYX、 MONCLERなんてのもありますがアウトドア屋さんとしての価格と機能のバランスはさておきここのディーラーさんてどうなってるんでしょ?手が出せる金額じゃないのでまったくわからないですがイメージ的にはファッション先行のような気がします。
本当のお金持ちさんはどうぞって世界ですかね。


・the north face mont-bell columbia fox fire

全部まとめて第一の基準は

近所にアウトレットショップがある!ってことです。w

三重のジャズドリームです。

コレ大事デス。

なにせ資金繰りはいつも苦労してますから釣りに行くお金が無くなったら本末転倒ですしね。

モチロンそれだけじゃないですよ。
まずはお試しで買ってみて、調子良ければその後は現行品も購入していきます。


まずはthe north face 。

クラス的にはパタゴニアに近いアウトドアブランドなんですが僕としてはこちらのほうが数は持っています。
で、その理由は日本規格品があるということです。
GOLDWINっていうメーカーが代理店なんですが、僕の考えでは日本規格の工業製品が一番って考えがあるのです。

ああ、一番って言い切っちゃいましたね (汗)

今ではあんまりそういうこと言う人はいなくなりましたが
「中国製はダメ」とか「日本製がいい」「アメリカ製がいい」という方がいました。
たしかにそういう面はありますが僕が言い換えると
「日本人の規格で作られた工業製品がいい」
ってなります。
規格ってのは体型とかではなくて製品管理という意味の規格です。
なので生産国はどこでもいいです。
ヘンに日本国内の工場で高い人件費で作られるより、安い人件費で厳格な日本規格で作られた製品のほうが良いとも思っています。
この辺りはジャンルは違うのですが小売店でいろいろな商品を扱ってたことがあった経験からくる僕の基準です。

所詮趣味の世界の話ですのでアジとか出てくるとまた話がややこしくなりますし、金に糸目をつけずオーダーできるならそういうのにも対応してくれる海外高級ブランドもいいと思いますが、大量生産の工業製品ではやっぱり日本規格が最も信頼できます。
一方で価格設定と機能のバランスって点で妥協(良い言い方では折り合い)を上手に取ってくる部分もありますのでその辺りは注意が必要ですが、そこをthe north faceっていうブランドのプライドがうまく舵取りをしてバランスが取れてるのはここじゃないかなと思っています。

モチロン全部が日本規格で作り直しているわけでもないですが、基本的に作りはどれをとっても間違いないのに加えて日本規格ならではのキメの細かい製品がラインナップされてる印象がここのブランドにはあります。


では次はコロンビアいきましょうか。

ここは最近の山ガール、川ガールなんかのブームにうまく乗っかってちょっとイメージが変わってきましたね。
以前は機能はさておきアメリカ製品をそのまま並べていてやや雑な感じの製品でしたが、最近は日本規格っぽい製品も増えてきてずいぶんオシャレ度がアップしました。
価格設定は上の2つのブランドよりも安く設定されているので、シーズン物や柄物などで手が出しやすいブランドです。
アウトドアブランドだとカーキとかベージュとかそんな感じの単色のウェアが多いのですが、ピンクやらライムとか派手目なカラーや迷彩なんかの柄物が多いのも特徴で、夏物のシャツやパンツ、薄手のアウターなどで手持ちのものとはちょっと違う傾向のウェアが欲しい時にまず覗くブランドです。

機能的にはオムニテックとかタイタニウムとかオリジナルの機能品をラインナップしていますが、もともとの価格設定が安いのもありますが上記の2ブランドよりはやや機能が落ちる印象です。
なので高額なアウターシェルなんかを購入することは少ないですが、そもそもの価格の安い夏物トップス、パンツ、薄手のアウターなどの数が欲しいもので揃えることが多いです。


では次はmont-bell,fox fireですね。

今までの説明の流れからして解るとおりでこの2つはまず日本のメーカーってことで信頼しています。
ただmont-bellなんかはそれなりのファンが着いていますがfox fireはやや印象薄いですね。
若干メーカーのラインナップも迷走してる感があるように思います。
価格設定も違いますので一緒に同列の評価はできませんが、patagoniaとcolumbiaみたいな位置づけです。

なので高額なアウターシェル系はmont-bell、夏物やインナーはfox fireというような買い分けすることが多いです。
ただfox fireに限っては価格設定が少し安めになっているにも関わらず、生地にgore-texを使った製品があったり、scoronなんて生地があったり、基本外部の繊維メーカーの生地を使うものが多いので、モチロン同じ生地でも作りは違ってたりしますが、手頃感と機能のバランスの満足感が高いものがあったりします。


ブランドの話ではないですが、
買い物先としてはナチュラムはよく使います。
ご存知大型のショッピングサイトですが、商品の動きも早いですがコマめにチェックしてると掘り出し物が結構出てきます。
ここではブランドよりも機能、価格で選びますので、rivalleydaiwaなどいろいろです。
先にあげたブランドではボートフィシング用のウェアは少ないですし、あったほうがいい専門のウェアもありますのでオフショア系のウェアなんかはこちらで買うことが多いですね。

あとはamazonとかね。

ウェブショップ系は価格競争が激しいのでお財布的には助かりますが、商品説明が不足だったり、並行輸入物が紛れていたり(品質には問題ないけれど、保証、修理がきかない)などの注意が必要です。



話がそれたのでついでに。

好きなブランド、道具などはそれぞれにこだわりがあると思いますが、買い物先は釣り人であるならばプロショップが一番いいと思っています。
値引きなどは期待できませんので使い分けはしますが、釣りをするための道具、ウェアなので買い物をすることで得られる釣りの情報、テクニックが一番大事なんじゃないかと思っています。
店主だって人間です。
嘘は言わないでしょうけど話だけ聞いてサヨナラって人に次はないでしょう。

僕もネットショップやオークションを使わないとは言いませんが、コレクター、物マニアの方ならそういう買い物もいいでしょうけれど、僕は現場で釣りをするためのウェアに興味があるのでここではどこの店がいいとか何とかにまでは触れませんがなるべくプロショップで買い物するようにしています。


余計なことかもしれませんが釣果を上げる大事なテクニックのひとつですよ。




ブログランキングに参加中♪
ポチッ!としていただけるとモチベーションUP!です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは ぴょん吉です

各ブランドの分析 なるほどと読ませてもらいました
ぼくはノースフェイスのウェアは着たことがありませんが
他のブランドイメージもナッツさんと同様に感じています
それにしてもポリエステル製品ばかり着るようになっていまいました(笑)
今ではジーンズとソックス以外はほとんどがポリエステル製品です

No title

ぴょん吉さん >

ようこそ&コメントありがとうございます。
改めてよろしくお願いします。

化繊比率増えますよね~。
冬はまだウールとかが少しくいこんでますが、夏は限りなく100%に近いです。
でも今となっては綿素材なんて考えられませんね。


プロフィール

fishingnuts

fishingnuts
釣りバカのウンチク。

おいでませ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログへ
GyoNetBlog ランキングバナー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
17862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1716位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
amazon.co.jp
web shopping
エイアンドエフ オンラインストア

プラネット・グリーンeストア(ザ・ノース・フェイス)

GOLDWIN WEB STORE

クロックス オンラインショップ

エイアンドエフオンラインストア

エイアンドエフオンラインストア

エイアンドエフオンラインストア

エイアンドエフオンラインストア

お買い物










検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。